大堀相馬焼

大堀相馬焼の由来

The trademark of national object of traditional craftwork 大堀相馬焼は、福島県双葉郡浪江町大字大堀一円で生産される焼物です。旧藩政時代には相馬藩内で生産される陶器を相馬焼と呼んでいましたが、今は産地名大堀の名を入れて大堀相馬焼と呼んでいす。創業は今から約300余年前、藩士半谷休閑の下僕左馬という人によって創始され、次第に近隣へと伝えられて行きました。
相馬藩はこれを藩の特産物にしようと、産地に瀬戸役所を設置して、資金の援助や原材料の確保等保護育成に努めました。窯元も農家の副業として近隣8ヶ村に普及し、江戸末期には100数戸の産地となり、販路も北海道から関東一円、更には上州方面へと広がり一大窯業地帯と発展しました。
明治期に入ると藩の援助も無くなり、交通の発達と共に他産地との競合も激しくなり、大正期に入ると窯元も30戸と激減してしまいました。昭和時代となり戦争による大きな打撃を受けましたが、戦後強力に立ち上がり、昭和53年には国の伝統的工芸品としての指定を受けました。現在は27軒の窯元が300年の伝統を守りながら21世紀に向けての新製品の改良に努力しています。

大堀相馬焼の特徴

A cross section of Souma-Yaki 大堀相馬焼は、素朴な味わいの中に親しみのこもった楽しさが感じられ、一度見たら大抵忘れることのできない強い個性をもった焼物です。第一の特徴は「青ひび」といわれるひびが、器全体に拡がって地模様になっていることです。
第二の特徴は狩野派の筆法といわれる「走り駒」の絵で、熟練された筆使いで疾走する馬の絵が手書きされています。
第三に挙げられる珍しい特徴は「二重焼」という構造です。入れたお湯が冷めにくく、又熱い湯を入れても持つことができます。この様に大堀相馬焼は、東北ならではの豊かな風土性により育まれた焼物です。

大堀相馬焼製作の様子 - 動画

湯のみ・急須

徳利

その他(灰皿、丼、花瓶)

大堀相馬焼製作の様子 - 画像

大堀相馬焼製作の様子 1 大堀相馬焼製作の様子 2
大堀相馬焼製作の様子 3 大堀相馬焼製作の様子 4
大堀相馬焼製作の様子 5 大堀相馬焼製作の様子 6
大堀相馬焼製作の様子 7 大堀相馬焼製作の様子 8
大堀相馬焼製作の様子 9

大堀相馬焼の商品一覧